Kiyo's Adventure (Kiyoの冒険)

バイリンガルが海外旅行、ライフスタイル、英語学習情報をお届け!

マイナス13℃の世界とは? カナダワーホリ生活

へろー!

How are you going, guys?

Kiyoは元気です。カナダに来てもう2週間がたってしましました。

1ヶ月だけですが語学学校に通って、宿題やって。学校の友達たちと飲んだり、食べたり。充実した生活を送っております。

新しい新居も見つかり(一時はどうなるかとハラハラでしたが。。。)

いいタイミングで見つかったので本当安心していますwwww

あとは仕事だけ見つかれば最高。

どんどんResume (履歴書)を配っていきたいと思います!

 

今日は何を話そうかって?

今日は土曜日でトルコの友達とTim Hortons ティムハートン(カナダの有名なコーヒーチェーン店)に行こうと約束していたんですが、外の気温が

なっ!!!!!!

なんと!!!!!!!!!

 

マイナス13℃!!!!!!!!!

 

そしておまけに吹雪いてます!

私このかたこんな寒い所には来たことがなかったので、家の窓から外を眺めながら漠然と立ち尽くし、

とりあえず友達のアルに連絡。

 

 

Kiyo   Dude, its freezing cold outside, it's -13℃! 

(ねえ!外めっちゃ寒いよ、マイナス13℃だって。)

 

Al     Umm... Yeah, of course. But we won’t hang out outside, it's okay for me...

(えっと、、、わかるけど。だけど外で遊ぶわけじゃないんだから、俺は平気。)

 

Kiyo  Oh, ok. Well... I'm leaving my house now...

(あ、そう。じゃあ今から家出るわ。)

 

 

と言うわけでこのバカ寒気温と吹雪に耐えられるか!

と思いブログにしました笑

 

説明長かったけどそう言うことで、

 

本題始まるよ!

 

マイナス13℃の世界とは? カナダワーホリ生活

 

まずは、

何を着ていくか

ですよね。

と言うことで、この寒さに耐え忍ぶべく選んだ選りすぐりの

防寒アイテムは!!

 

・3000U円のGUのダウンジャケット。

・H&Mのインフィニティーマフラー

・H&Mのニット手袋

・GUのヒートテック上下

・ユニクロのヒートテック靴下

・H&Mのジーンズ

・トレーナー(どこで買ったか忘れた)

・ZARAのブーツ

 

ってこれ笑

日本でもこれ着ててもフツーじゃないって思う着こなし笑笑

 

マイナス7℃とかならこれぐらいでへっちゃらなんですが、、、

 

日本にいると5℃とか3℃で、このぐらい↑の着こなしでもガクガクしますよね。なんていうか骨まで冷えるというか、歯がガクガク言ってるのがわかる的な笑

 

ただ良く海外に行く方はなんかわかると思いますが、全然寒くないんです。

これは湿度の問題なのかな?

 

今、ブログをぶった叩いてる時の外の気温と湿度

 

トロント マイナス16℃   湿度60%(っていつの間にかマイナス16℃に笑)

東京                         3℃    湿度43%

 

と、トロントの方が湿度が高いんです。

東京って刺さる冷たさがあるんだよね。なんというか服の中に入ってくる感じ。

トロントは着込んでいると外気の気温が服の中に入ってこないというか、ジャケットを着ていれば暖かいんです。

 

という自分の独断と偏見の塊を贅沢に加味した服装でマイナス13℃に挑むKiyoなのでした!

 

 

はたして!

 

外に出てみると。

 

意外と平気、、、

 

いや!

 

平気だよこれ。

 

うんうん、大丈夫寒くない。

 

っていうか、寒いよ。そりゃマイナス13℃だよ。

ただ東京にいる時のあの歯が震える寒さではないってこと。だからヒートテックで覆われてれば全然平気だと思います。

 

よくカナダに言ったら、

カナダグースじゃないと立ち向かいできないとか言われたけど。

ヒートテックとGUのジャケットで平気。

びっくりするでしょ。

私もびっくりしたわ。

マジで、暖かいんだもん。

ヒートテックってありがたいと思うよ笑

 

バスを待っつことにしたKiyoは、バス停のこの透明な待合室で待つことに。

 

f:id:kiyosadventure:20190121074950j:image

 

そしてこれが道路の様子

 

f:id:kiyosadventure:20190121075021j:image

 

寒いだろ!みてるだけで、だけど見掛け倒しだから、

大丈夫!ヒートテックとGUのダウンジャケットがあれば!

 

今日は人もそんな出ていないかなって思ったけど駅に着くと多くの人が電車を待っている。

 

カナディアンでもこれが日常だからみんな平気なんね。まぁ確かに萎えると思うけど。

 

f:id:kiyosadventure:20190121075509j:image

 

そして、友達アルのいるYounge(ヤング)駅へ。

 

そしてKiyoはこの

マイナス13℃の過酷さを知ることになる!!

 

 

ヤング駅に着いてアルとティムハートンに向かいに駅の外に出てみると。

 

風がビュービューわーって

 

ビュービューってなって顔面に

 

粉雪がバチコン!バンバン!ってなって

 

視界は真っ白で、

 

顔寒いって!というか痛いから笑

 

とりあえずティムハートンこっちだからってアルと横並びに歩く。

フードをかぶってるから横見えず、雪が邪魔して見えないから下を見て歩く。

 

アルが横にいるかは、手をジャケットのポケットに入れてるから、自分の腕を彼の腕に当てて(簡単に言うと腕で彼の腕をどつきながら)確認をする笑

 

そして、かすかに吹雪の中に赤子の泣き声が聞こえてくる。

声を追って見てみると、

ベビーカーに乗ってる一歳ぐらいの赤子のフードが風でぶっ飛ばされて顔と頭がこの冷たい吹雪にさらされている!

 

ギャー!!ママ〜!!!

 

気付いた母親が直ぐにフードをかぶせる。

 

恐ろしや。

はたして、このカナダの冬を肌で感じたKiyoでした。

 

ティムハートンに入ったやいなや

 

アルが

 

Ugh, I hate this! I don’t even wanna go out of Here. 

 

(あーもう、マジやなんだけど!もうここからも出て行きたくないわ)

 

ってか、お前が寒いの当たり前だって言ってたくせに笑

 

ぶっ!て吹いて笑ったら。

 

アルが

 

What are you laughing at!?!? 

(なにに笑ってんだよ!?!)

 

って、まぁ怒りたいのもわかるよ。

 

だから、

私から言いたいことは。

 

掟一

ヒートテックがあればガクブルしなくてすむ。

 

掟二

友達の生存確認はどつけ!

 

掟三

絶対にジャケットのフードは被れ!ブーツ必須。

 

掟四

顔が痛くなるから奥行きがあるフードを被れ。

 

掟五

敵は温度ではない、風と雪で目が潰されることが最大の悩みである。

 

そうなんです。

寒いのはヒートテックで全然平気ですが、風と雪で目が潰れるのが1番辛い。あと顔は痛くなります!もしフードの奥行きがあったらもっといいかも。ただGUで平気笑

 

いかがでしたでしょうか?

 

こんなことを書きながら次の日がマイナス20℃と言う寒さ。

 

またすぐ更新します!

楽しみにね!