Kiyo's Adventure (Kiyoの冒険)

バイリンガルが海外旅行、ライフスタイル、英語学習情報をお届け!

これだけで英会話マスターできる!効果抜群の学習法 (英語学習法その2)

英語がパラペラになれる秘密を教えちゃいます!

と、いう訳で。こんにちはKiyoです。今日もKiyos Adventure(Kiyoの冒険)を読んでいただきありがとうございます。

今日も英語マスターへの方法を教えて行きたいと思います。まだ最初の記事”私はこうして英語が話せるようになった! 英語学習のすすめ (英語学習方法その1)” を読んでいない方はそちらからお読みください。

 

www.kiyosadventure.com

 

今からお教えする方法は、読む力、聴く力(インプット能力)を上げる事となんと喋る力(アウトプット能力)を鍛える事ができます。

この方法で私の英語能力は凄まじく上がり、ほかの学習者には真似できない本場の英語を身につける事ができます。スラングだったり、今風の喋り方がスラスラ出てきます。

海外の方とお話しすると「あなたどこ(の国)で英語習ったの?」と聞かれます。私はどこにも言ってないので、そう返すと。驚かれるという英語学習者にはとても嬉しい反応が帰ってくる事間違いなし!

(本当に引っ張るよねー)

 

その方法とは!ズバリ!!!

 

シャドーイングです!

 

英語でいうと”Shadowing” 日本語だと、影付けと言ってもいいかな。。。

やり方は簡単、映画やドラマ、ラジオから聞こえてくるネイティブの英語をすぐ後ろから影のように追う事です。影のようについていくからシャドウイングと言われているんですね。

必ず英語が上手い方に練習法を聞くと必ず出てくる方法なのでみなさんも知ってる方多いかもしれませんが。これ本当に即効性があり、みんなに勧めたい。

 

ラジオはダメなんですか?ってよく聞かれますが、いいと思います!

もし英語が喋れるようになりある程度能力がある方ならば、ただ最初はドラマ、映画がいいでしょう。なぜかというと、俳優の喋るときの口の動き、口の周りの筋肉の動かし方、表情の作り方、ボディーランゲージも学べるから。

文化が違うと表現の仕方が違ってきます。それも取り入れましょう。シャドウイングならここまで真似ます。

俳優が”oh my god…” と言って口を手で覆うなら自分も口を覆って発音しましょう。

 

ではやり方ですが、、

 

 

1 まず好きな海外ドラマ、映画を選びましょう。

ただ気をつけて欲しいのが、自分の英語のレベルにあってるかどうか。

政治映画など難しいドラマなどを選んだら、もう英語の意味がわからないし。日本語に直したところで、なんのこと?ってなちゃいますよね。英語入ってきません。

なので、日常生活を題材にしたドラマや、恋愛モノの映画がいいでしょう。あと、どの英語を学びたいかにもよります。イギリス英語、オーストラリア英語、アメリカ英語など自分が習得したい英語に合わせましょう。アメリカ英語なら比較的訛りが少ない西海岸を選んだほうがいいかも。教材にするドラマに関してはまた次回お話しいますね。

 

2 日本語字幕でみましょう。

もし英語中上級者ならこの2番を省いてもいいかと思います。

ただ、初めての方は英語についていけなく状況もわからないままシャドウイングしても、なんでこの人笑ってんの?なんでこの人怒ってるんだろう?って結局英語が頭に入ってきません。

なので、日本語字幕で見てだいたいの流れを把握しましょう。日本語字幕と英語を聞いて、「あぁ、この人日本語字幕でこう書いてあるから、この単語を言ったんだな。」と理解できたらしめたもの!

 

3 字幕なしで見ましょう。

大体の話が見えてきたら、字幕なしで聞きましょう。最初はすごい難しいと感じますが。だんだんその俳優の喋り方の癖がわかってきたり、使われている単語が決まってたりするので何回も聞いていくと慣れますよ。そしてこの段階で聞く力がグンとアップします。

 

4 英語字幕をつけてみましょう!

もしまだ自信がないなら、字幕をつけてもう一回見ましょう。そうしたら、ここでこういう言い回しをするんだとか、この言葉なんて意味だろうとかシャドウイングする前の予習になりますよね。全ては正確なシャドウイングのため。抜かりないようにお願いします笑

そしてここでは読む力がグンとアップ!

 

5 シャドウイング開始!

やっとここまできてシャドウイング開始です。

自分がそのドラマの出演者だと錯覚させてシャドウイングしてください。俳優が喋り出したら間髪入れずその英語字幕を発音して行きましょう。

最初にも話したように、ただ真似するだけではなく、声の抑揚、ボディーランゲージ、口・舌の動かし方まで真似てくださいね。

英語のアクセントのかけ方や、間の取り方、発音の仕方も全てこれで学ぶことができます。あとはいっぱいシャドウイングすれば自分がおんなじ感情になった時にそのシーンを思い出して声に出すだけ。

またシャドウイングしたセンテンスの単語を変えれば自分仕様の英語になります。

 

例えば映画でwhat happened to him?(彼に何があったの?)”

 

のセンテンスをあなたがシャドウイングできていれば、

足の骨を折った友達に、

 

what happened to your leg?(足どうしたの?)”

 

という文章は簡単位作り出せるようになってきます。

 

まとめ

どうでしたか、シャドウイングはハマってくるとすごい楽しいですよ。もしかしたらあなたもこれから俳優になってテレビで活躍するかもしれません!そのためにもどんどん真似っこして演技力と英語を伸ばして行きましょう!